ぼくとサニーデイサービスとがもううどん(1998-2016)

香川県を旅したときカーステレオでサニーデイサービスの『DANCE TO YOU』を何度もリピートした。たぶん香川の空や日差しの強さ、海の青さ、車内のぬるさ、あとうどん食べたなーみたいなこの夏のぼくの個人的な記憶とひも付い…

Read more...

2016年の夏休みメモ #4(高松→奈良)

うどん、うどん、うどん!香川では家族で朝から外でうどんを食べるのかな、モーニングみたいなもんかしらと言いながら「うどんバカ一代」「がもううどん」「小縣家」をはしご。うまい。どこも小麦の香りが良い。がもううどんで前に並んで…

Read more...

2016年の夏休みメモ #3(直島→高松)

ベネッセアートサイト直島に宿泊。ジェームズ・タレルによる南寺のインスタレーションおもしろかった。あと大竹伸朗「はいしゃ」のむちゃくちゃさとか。前日に行った豊島のクリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」や豊島美術…

Read more...

おいしいうどんの話。名古屋は丸の内の『弘庵』豚ころ、三重県津市『うどんの幸助』ぶっかけとサラダうどん。あと気になるのは大矢知手延そうめん。

三重県のうどんは旨いのではないか。そう思ったきっかけは名古屋の丸の内にある「弘庵」だ。 蕎麦の老舗で修行したという女将さんが受け継いだのは天ぷらの技。サクサクの豚天がガッツリのった冷たいうどんであるところの「豚ころ」は、…

Read more...

『能町みね子のときめきサッカーうどんサポーター』、略して 能サポ(講談社文庫)を読んだ。

能町さんの、なんでもちゃんと面白がって眺めるスタンスとってもいいな。見習いたいし、かくありたし。 能町みね子『能サポ』を読んだ。 能町さんが仕事の関係上サッカー観戦に行かされ、なんとなくカマタマーレ讃岐(という香川県のサ…

Read more...