横浜美術館以外のヨコハマトリエンナーレ2017

ヨコハマトリエンナーレ最終日。横浜美術館以外の会場へ行ってきました。

横浜市開港記念会館地下は暗さを活かした空間構成。

赤レンガ倉庫会場。宇治野宗輝の《プライウッド新地》。写真なしですいませんだけど、不特定多数の出入りが見込める広い場所で大きな音を出す、という様式がハマってめちゃくちゃ良さが出ていたという印象。音が鳴るたび、その機構に人があつまるようすが「何かが起きている」感に繋がり凄みがあった。

この会場に配された作品はどれも比較的ポップな印象。

ドン・ユアン(董媛)《おばあちゃんの家》は区画整理のために解体されてしまう作家の祖母の家をモチーフにした絵画群。確かにそこにあった(が失われてしまう)個人的な体験をオブジェクトごとに描き直し再構築する試み。

写真まで描き直すわけです。

忘れたくないこと、覚えていられなくなってしまうことについて思っていたら終わり近くに小西俊行の作品がガガガっと出てきてみごとにえぐられて終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。