生活

生きてると急に後ろから殴られるみたいな出来事ってたまにあって世界には理不尽なことがあるなーとすごいびっくりしたり衝撃で生活が手につかなくなったりするんだけど今まで輝いていた生活はちゃんと輝いたままで存在してるし損なわれるものではない。総じて見れば川の流れのようにと歌い上げられたそれもまた人生なのだが嬉しい楽しい辛い苦しいは川面に光が反射してる感じや美味しい鮎、川岸で喧嘩するカップル、打ち捨てられたゴミみたいな個別の存在でそのテクスチャはそれぞれ不可侵。その証拠に冷蔵庫には昨夜のパーティーのかけらが残っており例えば朝からタコのパエリアを食べる羽目になる。うまかったーとベッドに戻りそろそろ洗濯機を回しコーヒーを入れるべきと思いながら青空を横目にゲームボーイを点けたり偶然あなたがいま読んでくれているこの文章を書いたりとすべてのものを並列に並べそれらを眺めながら毅然とした態度で二度寝を敢行、昼過ぎに起きて休日を浪費したことに狼狽するのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。