踊り出し方がとても自然なインド映画《マダム・イン・ニューヨーク》

《マダム・イン・ニューヨーク》を見た。原題は『English Vinglish』。Vinglishは意味のない語呂合わせの単語で、言葉遊びみたいなことらしい。

料理やお菓子作りは得意だが英語が出来ないインド人主婦のシャシが姪の結婚式のためにNYへ。アメリカ滞在5週間の間に語学学校に通い様々なバックグラウンドを持つ仲間と出会い、敬意を持って相手と接し自分を励ますやり方を獲得するボリウッドムービーです。

語学学校のみんなが頑張ってて可愛い!出来る事が少しずつ増えて、表情に自信が出てくる様子が瑞々しくて、逆に見てるこっちが元気になる感じが尊くてすごく良かった。

いつ踊るの?インド映画だよねいつ踊るのか…と焦らされ焦らされついに踊るシーンが幸せな結婚式なのも良かったです。ラドゥ食べてみたいなー、あとイドゥリって蒸しパンも。

この映画では、シャシの夫を「女は家でお菓子作りや家事をしてれば良い(その程度の才覚しかない)」と決め付けている人物として描いている。職場では英語を使い同僚とハグするような「進歩的な」インド人なのに、古い家長制度に囚われているように見せているのが面白い。これは《めぐり逢わせのお弁当》(amazon)を見た時にも感じたのだけど、インドでは(って日本でもだけど)まだまだ「伝統的な」価値観が個人を縛り付けているのだろうかね。

英語というきっかけを得て、自分自身を他でもない自分自身の価値観でちゃんと愛するやり方を得たシャシがとても魅力的に描かれているこの映画、近年のインドを知る人はどう評価してるのか、ちょっと興味あります。

ちなみに作中で話題が出るラジニカーントは《ムトゥ 踊るマハラジャ》などで有名なタミル・ナードゥ州出身の俳優。「鼻の穴で銃弾を受け止める」ってどの映画の話だろう、ちょう見たいんですけど。

『English Vinglish』
(邦題:マダム・イン・ニューヨーク)
(インド/2012年/ヒンディー語、英語、フランス語/134分)
監督:ガウリー・シンデー
出演:スリデヴィ、アディル・フセイン、アミターブ・バッチャン
配給:彩プロ
https://filmarks.com/detail/57682

マダム・イン・ニューヨーク [DVD]

  • 販売元:アミューズソフトエンタテインメント( 2014-12-03 )
  • 時間:187 分
  • 1 枚組 ( DVD )
  • 定価:¥ 4,104

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。