レベッカ・ブラウン 著、柴田元幸 訳『犬たち』を読んだぞ。

一人暮らしの部屋に突然現れた雌犬。その存在を受け入れ暮らしを続ける女性だったが、生活は今までの形からどんどん離…

Read more...

ジョイス・キャロル・オーツ 著、栩木玲子 訳『とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢』を読んだ。

ジョイス・キャロル・オーツを読むのは初めてです。訳者あとがきによると、ジョイス・キャロル・オーツは大変多作な作…

Read more...

ルイス・セプルベダ 著、河野万里子 訳『カモメに飛ぶことを教えた猫』を読んだ。

銀色のカモメが墜落したハンブルクのとある家には、一匹の黒猫ゾルバがいた。「わたしが産む卵は食べないと、約束して…

Read more...

アリス・マンロー 著、小竹由美子 訳『小説のように』を読んだ。

面白く読んだ。短編~中編を集めた1冊だけれども、モチーフもエピソードも、端的に「これ!」と話しづらいとても小説…

Read more...

ジュリアン・バーンズ 著、土屋政雄 訳『終わりの感覚』を読んだ。

引退生活を送る男の元に、弁護士から連絡が入る。日記と500ポンドを、ある女性があなたに遺したと。元恋人とその母…

Read more...

キム・ジョンヒョク 著、波田野節子/吉原育子 訳『楽器たちの図書館』を読んだ。

図書館で装丁が気に入って、韓国の文学、とくに自分と世代の近い作家の文学に触れたことなかったなーと思い読んだ。そ…

Read more...