誰かと時間を共にすることについて。 『体の贈り物』を読む。

18で実家を出るまで祖父母とも一緒に暮らしていた。夕食後、たびたび肩を揉んでいた。実際はへたくそだったと思う。…

Read more...

もう無くなってしまったものの話。『越後三面山人記』を読む。

ヤマケイ文庫『新編 越後三面山人記 マタギの自然観に習う』を読んだ。ダム湖に沈んだとある山里の習俗を描いた民俗…

Read more...

「常識」が、誰かにとっては残酷なものであること。村田沙耶香『殺人出産』を読んだ。

「正しさ」を言葉で刺し殺すような小説だった。 村田沙耶香の短編集『殺人出産』を読んだ。 Amazon.co.j…

Read more...

『能町みね子のときめきサッカーうどんサポーター』、略して 能サポ(講談社文庫)を読んだ。

能町さんの、なんでもちゃんと面白がって眺めるスタンスとってもいいな。見習いたいし、かくありたし。 能町みね子『…

Read more...

ラッタウット・ラープチャルーンサップ 著、古屋 美登里 訳『観光』を読んだ。

タイの若手作家による英語圏での注目作品、ということで期待値高めで読んでみた。短編集。巧みに構成された冷静な文章…

Read more...

ロベルト ボラーニョ 著、柳原孝敦・松本健二 訳『野生の探偵たち』を読んだぞ。

上下巻で800ページ超なり。長くて分かりづらかった!でも、何が書いてあるのか考えながら読む楽しみが強烈にある小…

Read more...